2008年11月29日

ウォーキングダイエット

ウォーキングダイエット

やはりもっとも健康的なダイエットは
食事を制限したものではなく、
運動をメインにしたものと言えるでしょう。


無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたもの
と言えばウォーキングでしょう。


身運動としては1番ムリがなく、
スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動が
ウォーキングです。


効率よく背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、
腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩きます。


かかとから着地し、
つま先で地面をけり出すようにします。


1日15分くらいから始めて、
慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。


脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しない
といわれるので、止まらないで歩きたいものです。


ウォーキングをする上で姿勢もだだして歩くことで
効果がさらにあがります。


またスピードは少し息が上がるくらいのスピードで
歩くようにし、決して無理はしないようにしましょう。


持続することが大切で、
早く歩くことが目的ではないからです。


また、時たま早起きして早朝にウォーキングを
される方を見かけますが朝は血糖値が低いので立ちくらみなどの
原因にもなり効果もあまり望めないのでおすすめしません。


あくまで自分の都合のいい
時間に出来るのがウォーキングの良いところです。




posted by Emi at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

太ももをホッソリさせよう♪

太もものダイエット

普通のダイエットに成功しても
太ももや下半身部分をきれいに
ダイエットするのはなかなか難しいでしょう。


体重を押さえられたら次は太もものラインを
美しくダイエットさせましょう。


血行や水分代謝も改善するダイエット法ですので、
足の疲労回復やむくみにも効果があります。


特に、両方の手のひらの下部をぴったりとあてて、
力を入れて上から下にこすります。


終わったら今度は下から上へと力を入れ、
つかむようにマッサージします。


何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら
終わりにします。


椅子に腰掛けます。


足はそろえてリラックスさせてください。


親指と人差し指で、
膝のお皿を両側からつかむようにしてマッサージします。


お皿を持ち上げるようにしたら、
お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。


椅子に腰掛けて、
足はリラックスさせます。


両方の手のひらの付け根で、
力を入れて弾ませるように上から
下へ30回くらい足をたたきます。


もちろん、1回だけしたところで、
疲労回復やむくみにはききますが、
ダイエット効果は得られないでしょう。


コレを毎日続けてみましょう。


少しずつですが効果が感じられるように根気よく、
続けてみましょう。



posted by Emi at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

歩くだけでダイエット効果を得る方法

今回はダイエット効果も得られる
歩き方をご紹介します。

ほんのちょっと歩き方を意識するだけで、
通常に歩く時に比べて約4 倍のエネルギー燃焼効果が
得られるという優れワザです。^^


通勤、通学、あるいは買い物の時などに
取り入れてみるとよいと思います。


運動が苦手だったり、億劫な人にも最適だと思いますので、是非試してみて
くださいね。

運動効果を高める歩き方とは?

では、早速やり方を説明します。


『歩く時に、歩幅を普段より3 センチ大きくする』

・・・これだけです。


人それぞれ、身長、足の長さ、が違いますから、
厳密には ”3 センチ” にこだわらなくても大丈夫です。^^


普段より、ほんの少し歩幅を大きくする
程度に意識すればOK です。


無理に大股にしようとせず、
ほんの少し歩幅を広げるつもりで歩いてみてください。


その驚くべき運動効果は?


なぜ、それだけで大きな効果が得られるかというと、
普段より大股で歩くことで、太股の前の部分だけでなく、
後ろ側の部分も鍛えられます。


さらに、自然と腕を振るようになり、
背筋も伸びることで姿勢もよくなります。


これが全身運動となり、15 分間、
この歩き方を行うことで、1 時間のウォーキングに
相当するエネルギー燃焼効果が得られるそうです。


ダイエット効果が期待できるのはもちろん、
運動が苦手な人にもオススメです。


いかがだったでしょうか?

私も外出時など、意識して実践していますが、
歩くついでに運動効果が得られるという点が、
とても気に入っています。

是非、お試しください。^^



posted by Emi at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

なぜ太るんだろう?

なぜ太るのか?

今回は、『なぜ太るのか?』について
話します。


簡単に言うと、身体に取り入れるエネルギーが、
消費するエネルギーより多くなるために肥満はおこります。


消費量以上にエネルギーを摂取しますと、
身体はイザというときに備えてそのエネルギー源を
脂肪として皮下に蓄えます。


肥満の原因となる皮下脂肪というのは例えてみれば
貯金のようなものなのです。


貯金は毎月の家計にある程度の余裕がないと
出来ないものですが、皮下脂肪にしても同様で、
毎日余分に栄養をとっているから貯まるわけです。


お金が貯まるのはうれしいですが、皮下脂肪というのは
貯まりすぎると成人病の原因などにもなり、命を縮める
原因ともなり、あまり有り難くありません。


おいしいものをたくさん食べるようになった現代人は
昔の人に比べて運動量の方は減っています。


交通機関の発達により歩かなくなっていますし、
便利な電化製品の普及により、労働も楽になってきて
全体に運動量が少なくなったからでもあります。


ですから、太らないようにするには必要なエネルギー以上
のエネルギーを摂取しないように気をつけることが大切です。


そのためには、次のことを心がけて実行するだけで、
不必要なエネルギーの摂取を押さえることが出来ますので、
参考にしてみてください。^^


1.食事は満腹になるまで食べずに腹8分を心がける。

2.食事の時間を長くとり、しっかりとゆっくりかんで食べる。

3.就寝3時間以内には食事はとらない。


これだけでもかなりのエネルギーの摂取を押さえられます。

是非参考にして実行してみてください。^^
posted by Emi at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

ダイエットレシピにご注意!

『ダイエット レシピ』

女性がやりがちなダイエットの落とし穴があります。


それは,体重は減ったけれども肌がカサカサになったり、
体調を崩してしまったりすることです。


それらは、間違ったダイエット方法によるものなのです。


きちんとしたダイエットの知識を身につけて、


正しいダイエットの為の食事のレシピを考えることが、
美しくキレイにダイエットを成功させる秘けつです。


ダイエットをする時は、食事の量を減らす事が多いために
栄養のバランスが崩れやすいのです。


そのため、ダイエット中には、普通の食事の時よりも
きめ細かい栄養管理が必要なのです。



また、ダイエットをしてみて、ダイエットにより
理想の体重まで落とすことが出来た場合に、
また元の食生活のレシピに戻ってしまっては、
せっかくダイエットで落ちた体重もすぐに元に
戻ってしまうことが大変多いです。



ダイエットによって理想体重まで落ちた後にも
ダイエット中に無理をしていた部分のみを軽減する程度に
とどめておいて、ダイエットする前の食生活から改善したところは
元に戻さないようにレシピを考えることもダイエット後の理想体重を
維持していく上で大切なことです。


また、ダイエット中のレシピを考える際には、
一日1600キロカロリー程度を目標に、
ダイエットのレシピを組んでみましょう。


posted by Emi at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。