2008年12月06日

太もも速痩せ動作は簡単で効果抜群!


骨盤を矯正し、脚の筋肉を正常な位置に戻すには、
今回紹介する太もも速やせ動作が簡単で確実な方法です。



まず最初に太もも速やせ動作の特徴を説明させていただきます。


このエクササイズは自分ででき、
速効性があり、手間もかからない、
という非常にラクなダイエットです。


多くの女性にとって、ダイエットの知識はあっても、
その目標に向かってがまんできないのが現実だと思います。


ところが、この太もも速やせ動作は、
速効性がポイント。


しかも、すべての動作がすわったままで可能です。


また、動作そのものも比較的簡単で、
時間も1回10分程度で行うことができます。


場所を選ばず、スペースも必要ありません。



太もも速やせ動作は速効性があるため、
継続する意欲もでてきます。


個人差こそありますが、だいたい10日間程度で
マイナス2〜3cmは効果が期待できます。


数字で示すと小さいようですが、
太ももの2〜3cmはかなりのサイズダウン。見た目は全然違います。


朝晩1日2回、3日やればだいたいの人が結果が出ますね。


さらに骨盤の歪みが治ることで
肩こり、腰痛、頭痛、膝の痛みも解消します。


もちろん薬を使うわけではないので安心です。


では、やり方ですが、2つの基本動作だけです。

基本動作1

1. 両脚を閉じた状態で、背筋を伸ばしてイスにすわる

2. 両手(手のひら)をももへ向けて、内もものつけ根部分に入れる

3. 内ももの肉を上に持ち上げながら外側に押し広げるように力を加える
 (手の位置は内もものつけ根のまま)。
  脚はそれに逆らうように、左右の膝を閉じるよう力を入れる

4. そのままの状態(内ももの肉を上外側に押し広げた3.の状態)で
  左右交互につま先をつけたままの足踏みをする。

  慣れるまでは無理をしない程度の回数で、慣れたら30回にふやす

基本動作2

1. 背筋を伸ばした状態でイスにすわり、両脚をできるだけ広げる

2. その状態で両手(手のひら)を、外側から両脚の太ももの裏側に入れる

3. 太ももの裏側の肉をつかむ感じで、左右の手を外側に引っぱる

4. 3の状況をキープしたまま、左右交互につま先をつけたままの足踏みをする。
  慣れるまでは無理をしない程度の回数で、慣れたら30回にふやす


太もも速やせ動作はひとりででき、速効性があり、
手間もかからない、という非常に楽な動作です。


しかも、すべての動作がイスにすわったまま可能なので、
運動が苦手というかたでも大丈夫。


もちろん、場所も選ばず、特殊な器具や食材を購入する
必要もありません。


時間も1回10分程度なので、忙しいかたにもとってもおすすめですね。^^
posted by Emi at 09:26| Comment(11) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。